◆ Bee Bee Branch ◆
ビービーブランチへようこそ!エビ好きな人とエビがたくさんいる場所という意味で名づけました!
中古CD三昧♪U2・マイケル・くるり・ジャミロクワイ・・・・♪
最近何するにしてもリサイクル三昧

まずはリサイクルショップもしくは、リサイクルコーナーへ行く今日この頃

中学2年生から連れ添ったデッキがついに壊れた
淋しい。
IMG_8163.jpg

IMG_8165.jpg
でも、こちらも良質リサイクルデッキで環境修復
リサイクル侮れません


ソフトも最近リサイクル三昧
IMG_9229.jpg

欲しいってこんなに安く買えるんだねぇ。
新しい「久保田利伸さん」のベスト・・これはちょっと高かった2500円くらい
トリビュート「くるり」・・500円
「U2」・・・380円
「マイケルジャクソン」2枚組ベスト・・・500円
マイケルは好きだけど、これが初めて買ったマイケルのアルバム
なんと「ジャミロクワイ」なんて180円

本当にジャミロクワイは欲しかったから180円には微笑がこぼれた


本当はアーティストに印税が入るように新品で買ってあげたいんだけど・・・。
そこはまぁねぇ。。。

あと「ヴァン・ヘイレン」のベストが手に入ったら最高だなぁ。


という訳で、今日の1曲はジャミロクワイで

曲もカッコいいけど、このPVも最高いいね!

もう一曲行っとこう

久保田利伸氏はこの曲でファンになったよなぁ。高校3年生の思い出


ヤッパリ人生に持つべき物は趣味かな

音楽映画があって本当に幸せ



☆彡 伴体協バトミントン部練習日 ☆彡
 木曜日 広島市立伴小学校 体育館 地図 20:00-22:00 
 金曜日 広島市立伴中学校 体育館 地図 20:00-22:00 
 ゲスト料 300円 
 休日は練習時間が 19:00-22:00 になります。
・・・皆さんも是非

スポンサーサイト
梅は咲いたか 桜はまだかいな


なんていい曲なんだろう。

今年は冬が寒かったから開花が遅れているのだとか
門出を祝う桜になりそうだ

しかしRCCのカープ初優勝のアナウンスをした上野隆紘さんのこの3月限りでの引退は淋しい限り

後進に道を譲るというところなのだろうね。
ご多幸をお祈りいたします。


父親は今日癌の摘出手術が無事終了。
肝臓の8分の1をとる手術でした。

「成功・・やれやれ・・・ふぅ・・」
と胸をなでおろしてからのには、
手術前握手をした父親の手に覚えた、啄木の詩が余韻として残っている。


 たはむれに
 母を背負ひてそのあまり
 軽きに泣きて三歩あゆまず

父親の手はこんなに柔らかかったっけ?

とにかく安心しての今の


 親孝行
 したいときには
 親はなし


それじゃぁこの世に生を受けさせてもらって悲しすぎるからね。
桜が父にも新しい門出になってくれそうだ
美し都(うましみやこ)
「がんばろやWe love KOBE」キャンペーンソング『美し都~がんばろやWe love KOBE~』(作詞:阿久悠/作曲:平松愛理)



奇しくもRCCラジオが大好きな僕が朝の番組「ごぜん様さま」を聴いていて、メールのテーマが「涙がちょちょぎれる」だったので、この曲を聞くと、RCCのアナウンサーで「ごぜん様さま」のパーソナリティーでもある横山雄二さん(神戸の震災があったときには真っ先に「出来ることはないか?」と大量のラジオを持って被災地にも入られた方で、ユーモアと知性・美しい心と映画を愛していて、最も僕が尊敬している人の一人です。)の番組で、神戸の震災支援の企画があった時に聴いたこの曲が泣けて泣けて・・・今でも聴くと泣いてしまうので「この曲に僕は聴くと涙がちょちょぎれます」と送って読まれた日にこの震災。

こんなことが・・・。


被災地の方々には心からお見舞いを申し上げます。

人に力を最も与える物の1つとして音楽があると思います。この曲をご自分の地域名に置き換えて力にとこのログをあげました。

みなさんの「美し都(うましみやこ)」が早く取り戻されますように心からお祈りいたしております。


しかし福島原発での出来事は、僕が高校生の頃にチェルノブイリ原子力発電所事故を受けて、興味を持ち読み漁った広瀬隆さんの本
新版 危険な話―チェルノブイリと日本の運命 (新潮文庫)新版 危険な話―チェルノブイリと日本の運命 (新潮文庫)
(1989/04)
広瀬 隆

商品詳細を見る

に描かれていた危険そのままだ。

20年以上も前に書かれた本にこのような危機が起こりうることが書いてありました。

今回の災害は震災にとどまらず、地震の国日本の原発のあり方にも一石を投じそうです。


やはりドイツのように原子炉全停止して人類の未来への不安を払拭すべきではないのか?


「メルトダウン」という最悪のシナリオには到達しないよう心から祈るばかりです。