FC2ブログ
◆ Bee Bee Branch ◆
ビービーブランチへようこそ!エビ好きな人とエビがたくさんいる場所という意味で名づけました!
海外研修 PART2 Autism編
大分時間がたってしまいましたがシリーズ第2弾です。
今回は僕の専門の話ばかりでよ~わからんかもしれませんが・・・お付き合いください。

DSC048501.jpg
佐賀にやってきました!

途中三瀬峠という峠が気持ちよかった~♪

佐賀の駅の中は・・・
DSC048491.jpg
だそうです。
この駅の構内は普通に自転車が行き来している異次元空間のようなところです。

佐賀にやってきたのは・・・研修の為
「PEP-3」という検査が取れるようになる為です。
この検査は自閉症の主に子どもの今もって居る力を見極めて能力を底上げするためのヒントにする為と、検査を通じてその人の自閉症の特性を知る為のツールです。・・・自閉症という言葉でくくられる人たちは同じ障害でも1人として同じ症状の人が居ませんから1人1人の特性をしっかり掴まなければならないのです・・・。

まぁ僕らも「自分は普通」と思っていながら誰一人として普通の人が居ないことにも似ています。ですから本当は自閉症は特別なものではないと僕は思っていますが・・・。

検査の研修は2日間ありました。日本で初めてのこの検査の研修でした。
この研修でこの検査を知って感じたことは・・・・
検査自体は今までの検査「PEP-R」の良さであるフレックスに実施できる形を継承していて、出来かけの項目についても得点を与える「芽生え反応」についても残してありました。検査項目も精査されたような気がしました。また、支援者(保護者)から記入物も評価に含む形になっていて、家庭などでの様子も踏まえた評価が出せるようになったことが大きな改良点でした。
ただしちょっと専門用語になってしまいますが、今回から標準化された検査になりました。このことはいろいろな縛りを生みます。まず今までよりストイックに実施法を守って検査しなければならないので、検査者はより高度なテクニックの習得が求められます。また、標準化により、この検査に適応できる年齢が2歳~7歳5ヶ月までで、そこから外れた場合は正確な検査上の数字を導き出せなかったりします。外れた場合はこの検査から出た数値は参考値になり、正確な検査結果とすることが出来ません。日本で僕は7歳以上の子を検査することが多いことを考えるとユニバーサルデザインという感じの検査ではなく、ノースカロライナのTEACCHという政策がある上でより力を発揮する検査なのかなと思いました。「PEP-4」には全世界を意識した検査作りを望みたいところです。
ただし、自閉症の方を検査する上で一番大切なことは検査中に接してみてわかる特性(インフォーマルな情報と言います)をどう検査者が捕らえてこれからの指導に役立てるかということです。そのスタンスは全く変わっておらず、検査項目は精査されているわけですから、今この地球にある自閉症の方への検査の中では一番優れていると言えます。
こんなところです。。。。

退屈な記事をすみませんでした。



ちなみに・・・・自閉症に興味のおありの方・・・
どんな専門書を読むよりも・・・以前ドラマにもなったこの漫画
『光とともに・・・』を読めば自閉症のことはわかります。
興味のおありの方は是非是非どうぞ!!

光とともに… (7) 光とともに… (7)
戸部 けいこ (2004/11/25)
秋田書店

この商品の詳細を見る
ちなみにこの7巻の227ページのAAPEPという検査のレジャースキルという項目を実施していて「凄いな光君」と言っている検査者は諸事情により・・・・この1コマ限定で確実に海老家三太郎です。
何故かって・・・・それは秘密です。世の中は秘密があるから面白い。。。


佐賀での1泊・・・ブログ仲間&只今横浜出稼ぎ中の広島の仲間とーる(^-^)ノさん達と仲間少しで飲んだくれた後・・宿へ。
読んだ本はもちろん「PEP-3」のマニュアルと・・・
KⅡさんで購入した・・・
楽しい熱帯魚 2007年 10月号 [雑誌] 楽しい熱帯魚 2007年 10月号 [雑誌]
(2007/09/11)
白夜書房

この商品の詳細を見る

ここでもエビ見てましたとさ・・・・。。

お後がよろしいようで・・・。


ブログランキングに参加しています!
よろしければクリックをお願いいたします!! ↓ ↓ ↓

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/10/04(木) 22:15:06 | | #[ 編集]
お疲れ様でした <(_ _)>
今回はちょっと難しい・・・でも、なるほど
いつもの三太郎さんじゃないように見えてましたが
最後はいつもの三太郎さんでした
2007/10/05(金) 17:49:59 | URL | おとと #-[ 編集]
おととさん こんにちは!
いや~。なかなかコメントには登場してくれませんが、自閉症関係の人も結構見てくれているのではないかと思うところがあるので、少し頑張って書いてみました。
退屈なログをすみませんでした。。。。
2007/10/05(金) 22:47:35 | URL | 海老家三太郎 #-[ 編集]
研修ご苦労様です!
熱心ですね
こういう方が増えてくれるといいのですが・・・
がんばってくださいね!
2007/10/06(土) 17:39:34 | URL | ebita #-[ 編集]
ebitaさん こんにちは!
ありがとうございます。
僕らのやっていることはまだまだ草の根運動です。どこまで行ってもそうなのかもしれませんし、結構教育方法としては虐げられることが多いのですが、踏まれても立ち上がる雑草のように。細く長く頑張るつもりです。
2007/10/06(土) 23:48:01 | URL | 海老家三太郎 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック