◆ Bee Bee Branch ◆
ビービーブランチへようこそ!エビ好きな人とエビがたくさんいる場所という意味で名づけました!
美し都(うましみやこ)
「がんばろやWe love KOBE」キャンペーンソング『美し都~がんばろやWe love KOBE~』(作詞:阿久悠/作曲:平松愛理)



奇しくもRCCラジオが大好きな僕が朝の番組「ごぜん様さま」を聴いていて、メールのテーマが「涙がちょちょぎれる」だったので、この曲を聞くと、RCCのアナウンサーで「ごぜん様さま」のパーソナリティーでもある横山雄二さん(神戸の震災があったときには真っ先に「出来ることはないか?」と大量のラジオを持って被災地にも入られた方で、ユーモアと知性・美しい心と映画を愛していて、最も僕が尊敬している人の一人です。)の番組で、神戸の震災支援の企画があった時に聴いたこの曲が泣けて泣けて・・・今でも聴くと泣いてしまうので「この曲に僕は聴くと涙がちょちょぎれます」と送って読まれた日にこの震災。

こんなことが・・・。


被災地の方々には心からお見舞いを申し上げます。

人に力を最も与える物の1つとして音楽があると思います。この曲をご自分の地域名に置き換えて力にとこのログをあげました。

みなさんの「美し都(うましみやこ)」が早く取り戻されますように心からお祈りいたしております。


しかし福島原発での出来事は、僕が高校生の頃にチェルノブイリ原子力発電所事故を受けて、興味を持ち読み漁った広瀬隆さんの本
新版 危険な話―チェルノブイリと日本の運命 (新潮文庫)新版 危険な話―チェルノブイリと日本の運命 (新潮文庫)
(1989/04)
広瀬 隆

商品詳細を見る

に描かれていた危険そのままだ。

20年以上も前に書かれた本にこのような危機が起こりうることが書いてありました。

今回の災害は震災にとどまらず、地震の国日本の原発のあり方にも一石を投じそうです。


やはりドイツのように原子炉全停止して人類の未来への不安を払拭すべきではないのか?


「メルトダウン」という最悪のシナリオには到達しないよう心から祈るばかりです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック